政策:働く人と経済

労働と所得、休養

  1. 週休の国際基準対応(週休3日制)
  2. 残業割増給与を2倍に
  3. 人口減少を見据え、年金を賦課方式から積立方式へ戻す。変更による不足分は年金国債で補填。
  4. 年金を住宅購入の担保として利用可能に(人口減少後の住宅需要の下支え)

法令遵守と新たな仕組

  1. 労働基準監督署の捜査人員大幅拡充、労働基準法違反に関する罰則強化
  2. 無償化労働条件契約書を廃止し、雇用契約はすべて新設する労働省の定める書式に統一。契約内容は労働省のサーバに保管する
  3. 単純労働派遣禁止

ロスジェネ以降対策とキャリア形成

  1. 採用・募集の年齢制限禁止の厳格化(ロスジェネ再チャレンジ支援)
  2. 雇用対策としての公務員増員。ロスジェネとそれ以降の世代を優先雇用。予算は国債発行にて賄う
  3. 希望者に専門知識向上と若干のキャリア向上、同業種および他業種の勤務者交流を目的としたプログラムの実施
  4. 所得が一定水準未満の場合、納税相当額が支給される負の所得税を導入
  5. 労働組合費の給料天引きを禁止する

経済振興と景気対策

  1. 中間所得層を厚くし、不況に強い経済体制を作る
  2. 消費税0%
  3. 雇用人数と労働分配率に応じた法人税率導入。大量の雇用を生み出す企業は法人税0%に
  4. 中小企業融資を対象に「事業転換・未払い賃金の支払い・税金および社会保障支払い」融資枠を新設、信用保証協会の100%保証と併せて政府資金による1.5%の利子補給を5年間行う。
  5. 連帯保証の禁止
  6. 空き家対策、建築物の土地と更地とで軽減税率が異なる問題の解消、空き家解体費用の減額措置
  7. 民間企業の副業制限を原則禁止。制限する場合は給与に対して5割の割増しを行う

研究開発と、持続可能な資源開発

  1. 持続可能な漁業への転換
  2. 鰻と鮪の完全養殖研究に重点補助
  3. クジラ食の伝統維持
  4. ソーラー施設等再生可能エネルギーに関する環境調査を厳格化し、施設運営者には廃棄処分費および原状回復費用積み立てを義務化する
  5. 林野庁の権限および予算人員の拡充による杉花粉対策、国有林および保護すべき樹木等の保護未達の解消等の実施


貴方が希望する政策-コメント】【入党希望者-コメント

政策:働く人と経済】【政策:少子化対策と生活】【政策:外交と安全保障】【政策:政治と社会

トップページ】【志士党 3つの約束】【志士党 概要



©
志士党2019/4/1